東京フォークロア

墨田区の名所・旧跡を民話・伝説・史話の舞台公演と共に巡るオリジナル観光ツアー

すみだフォークロアとは

発足の目的

下町、特に「すみだ」は民話、伝説、史話の宝庫。
これらは墨田区の重要な観光資源であり、話の背景となる場所を一つ一つ訪ねて歩くと、墨田区内を網羅出来る程です。
プロジェクト『すみだフォークロア』は、「民話・伝説・史話でめぐる墨田区観光マップ」。
民話にまつわる土地(お寺、史跡など)で、その場所にちなんだ話を盛り込んだ舞台公演を上演。
公演会場を次々に巡ることで、墨田区の名所・史跡のオリジナル観光が出来ます。
地元の劇作家が書いた民話・伝説・史話を通して、「すみだ」の新たな魅力をより多くの人たちに発信していく事が目的です。

すみだフォークロアのめざすもの

スカイツリー完成後、すみだフォークロアがするべき事

東京スカイツリー(R)の建設により、多くの方が墨田区へ訪れるようになりました。
しかしスカイツリーをみたらそのまま浅草で観光・・・ではなく、墨田区内に足をのばし、知られざるたくさんの名所・旧跡を巡ってもらいたい。一つ一つの点として存在している区内の観光スポットを、新しい線で結んでいくこと。様々な人の流れを産み出すことが「すみだ」の活性化につながると考えます。
私たちの舞台公演により、また1本新しい観光の線が引かれていくこと、また「街めぐり+観劇」という新しい観光スタイルを提案していきます。
このプロジェクトを「すみだ」から発信し、下町全体しいては日本全体があらためて土地の持つ魅力やその場所でしか味わえない<観光>の醍醐味を再発見していくきっかけになることをめざして活動しています。

すみだ区地元企業との協力

すみだ区地元企業との協力

すみだの活性化にはたくさんの方々のお力が必要不可欠です。技、物、場所、人、様々な形でプロジェクトにご協力ください。
墨田区、一般社団法人墨田区観光協会との連携をとりながら、舞台公演の会場となるエリアの活性化を目指し、地元商店街の皆さまからもお力をお借りしたいと思います。
ぜひお力をお貸し下さい!

公演の出演依頼について

公演の出演依頼について

「いつ、どこで、誰が、どんな舞台を観たいのか」
ニーズに合わせて劇団の民話レパートリーを組み合わせ、オリジナルの舞台公演を提供いたします。
詳細は「公演依頼について」をご覧ください。
また、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

公演依頼について

運営会社 有限会社げんごろう について

運営会社 有限会社げんごろう について

すみだフォークロアプロジェクト・当サイトの運営は有限会社げんごろうが行っております。
有限会社げんごろうは、1992年4月に母体となる『朗読アンサンブルれもんの会』(1982年設立)の有志数名により設立。
ちなみに社名「げんごろう」は(言語)と(朗読)の創造語です。
社名 有限会社げんごろう
代表者 平尾登紀子
本社 〒130-0021
東京都墨田区緑4-10-9-102
TEL 03-5669-4688
FAX 03-6803-0377
設立 1992年4月
資本金 3,000,000円

げんごろうサイトへ


お問い合わせ お問い合わせ 出演依頼用紙